スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

時の小径

2008⁄12⁄31(水) 18:54
小径



今年がまた

静かに

走り抜けてゆこうとしている




スポンサーサイト

TOP

blue sky,blue…

2008⁄12⁄30(火) 18:20
blue


空へとつながり

海へとつながる


子供の頃から好きな色


あと一日という年の瀬に

心鎮める…




TOP

utatane

2008⁄12⁄29(月) 22:12
utatane


静かで

暖かな午後


柔らかな光と戯れながら

来る年に

夢を描く





TOP

かたり木

2008⁄12⁄28(日) 22:06
語り木


冬…

全ての葉を落とした木のほうが

いろいろ語りかけてくる


ふと、そんな気がした


御用納めの済んだ

ゆるい街角で…




TOP

silent night

2008⁄12⁄25(木) 19:13
silent night




Christianではないけれど

今宵は静けさの中に

身を沈めよう






TOP

innocentな朝に

2008⁄12⁄25(木) 08:34
Merry X'mas



Merry Christmas…









TOP

街は今日も雨さ

2008⁄12⁄22(月) 21:42
ginza1



冬至の翌日だというのに

午後四時で

空がどすんと落ちて来た



ginza2


僕の寂しさを見透かしたかのように

後ろから呼ぶ声が…


老体がカカカと笑い

雨滴が空から

ぽつぽつと落ちて来た





TOP

束の間の未来

2008⁄12⁄21(日) 23:04
束の間の未来


激しく行き交う車の流れが

一瞬途切れた


覚醒を伴う冬の鋭利な光が突き刺さり

垣間見えた


束の間の未来






TOP

一日の終わりに

2008⁄12⁄21(日) 00:29
一日の終わりに


沈む夕陽に歩調を合わせ

ゆっくりゆっくり坂道を下る


この町で

僕が好きな場所









TOP

空が落ちて来た

2008⁄12⁄14(日) 21:41
空が落ちて来た


雨が上がり

空が落ちて来た


わずかばかりの照射と共に

夕陽は沈み


足下から這い上がってくる白蛇に

心の芯まで冷えきった…


師走の静かな静かな日曜日




TOP

彼方へ

2008⁄12⁄12(金) 21:40
彼方へ


生きることの意味なんて

死の瞬間まで

誰にも分からないんだから



…行くしかねぇんだよな










TOP

夜明け

2008⁄12⁄10(水) 22:30
夜明け


人造物はただ朽ちてゆき

大地は今日も

音も無く

夜が明けてゆく



TOP

12月8日

2008⁄12⁄08(月) 23:34
赤い手


今日はJohn Lennonの命日


平和を我らに…




TOP

open the door

2008⁄12⁄05(金) 22:10
door


勇気ある者だけが

開くことができるという

自分、或は未来への扉


僕はまだその前で

佇んで居る




TOP

祝福

2008⁄12⁄03(水) 22:01
祝福


冷え込んだ朝

降り注ぐ朝陽を浴びながら

寒さにたじろぐことなく

冬に咲く花に祝福を






TOP

12月

2008⁄12⁄02(火) 00:18
saigonoitiyou


12月1日 晩

雨音に耳を傾けていると

時の経つのも忘れるほど

心落ち着く


今年もあと一ヶ月か…


SIONの「12月」という歌の中にこんなフレーズがある

「…そして俺ときたら いつもこの頃になると
 なにかやり残したような 柔らかな後悔をする…」





TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。