スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

光と影と

2009⁄09⁄30(水) 21:40
光と影と


知り合いの美大生の絵を見て

そのイメージの深さに

そして絵の自由さに

ある種の羨望を覚えた…


写真に何が表現出来るだろうか


初めて暗室にこもって焼き上げた

かつての写真を手に取りながら


…光と影と






スポンサーサイト

TOP

空に太陽がない時は…

2009⁄09⁄29(火) 20:08
黄花


どんよりした一日だったけど

ファインダーの中だけは

鮮やかなshowが

繰り広げられていた





TOP

生まれ出づる悩み

2009⁄09⁄25(金) 21:23
生まれ出づる悩み



僕らの街に築かれるつつある

バベルの塔と


それを覆い隠すように繁茂する

砂の上の植物群と…





TOP

秋分

2009⁄09⁄23(水) 19:13
紫花


昼と夜が同じ長さ

季節は少しずつ

闇の領域に傾いてゆく



TOP

シェルター

2009⁄09⁄22(火) 22:17
シェルター


ひっそりと口を開けて待ち構えているのは

シェルターか

それとも迷宮か


どこまで行っても追いかけてくるのは影


おお…

こんなところにまで

あいつの痕跡が落っこちてらぁ




TOP

静かな秋の始まりに

2009⁄09⁄21(月) 22:56
坂道で


ゆるやかな坂道を

秋がゆっくり下り始めていた


落ち葉たちが肩を寄せ合いながら

行く末を案じ

道端に落ちる影が

ため息をつく


ひっそり静かな

ある休日の午後に









TOP

葉叢の中に蠢くもの

2009⁄09⁄17(木) 20:44
higannbana



鬱蒼とした葉叢の中で

妖しい輝きを放つもの


まるで心臓が破裂したかのようなカタチ

ほとばしる血飛沫のような深紅の放射線


風もないのに

ゆらゆらと

揺れ動いている


彼岸へと誘うモノか

それとも此岸への目印か…





TOP

zeppelin

2009⁄09⁄16(水) 22:59
zeppelin


秋の空を

悠々と回遊する姿は

まさに空飛ぶクジラ…


この新宿とて

単なる積み木細工にしか

見えないことだろう…


そんな君に

子供の頃から憧れて





TOP

凝固

2009⁄09⁄15(火) 23:12
凝固


強烈な光は

底知れぬ闇を伴い


捕われたモノは

たちまち凝固する










TOP

家族の肖像

2009⁄09⁄14(月) 21:05
家族の肖像



この絵はおそらく

祖父の家族への想いが込められている

そう直感的に思う


油絵の持つ立体感は

写真には表現できないなぁ…


現代(いま)、祖父が生きていたら

このWEBの時代をどう感じるだろうか


果たして、自分の描いた絵をupするのだろうか…




TOP

たゆたう

2009⁄09⁄13(日) 21:38
九月の海




移ろいゆく季節と

霞む水平線と

猫の記憶ほどの

僕の心と…







TOP

満月の夜に

2009⁄09⁄11(金) 19:54
虫


秋の気配に充ちゆく

満月の晩

空からぽとりと

虫が落ちてきた


青く…

そして仄白く明滅しながら

夏の終わりを告げるかのように

やがてその緩慢な動きも止まり

そのまま石になっちまった






TOP

崩れかけた街角

2009⁄09⁄10(木) 22:03
崩れかけた街角



在…

不在…


言葉なき語り部が

今日も街角から

じっと見つめている





TOP

夏が沈む

2009⁄09⁄09(水) 22:20
夏が沈む



夏の記憶の

一葉一葉が

ゆらりゆらりと沈んでゆく


夏の旅の終焉と共に…




TOP

時の崖

2009⁄09⁄02(水) 21:39
時の崖


生と死の狭間にそびえる

時の崖

日常という名に覆い隠されたこの崖の上を

それと気づくこともなく

微妙なバランスの中で

人は歩み続けている


mement mori...

時は無常にも先へ先へと進んでゆく





 





TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。