スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

雨の調べと共に

2010⁄06⁄28(月) 23:11
ajisai



ぽつりぽつりと

雨滴と共に

時が染み入る



黙する故に

深く深く







スポンサーサイト

TOP

萌芽

2010⁄06⁄23(水) 19:58
萌芽



僕の中で

静かに

いくつかの芽が光合成を始め


それぞれを

大事に温めたいものだと

感じている


夏至の夜に…






TOP

調和  (アサヒカメラ.net 2010年5月分「写真の殿堂」 入賞作)

2010⁄06⁄22(火) 21:00
調和


今回で四度目の入選となりました…
大山先生を始め、選者の皆様ありがとうございます。
そして、日々このblogを支えて頂いているブロ友の皆さん…ありがとうございます。

大山先生から頂戴したコメントに「マニエリスムの様式美を感じる」とありましたが、
確かに僕もこの写真は絵画的だなぁと感じていました。
そしてクラシックレンズを使用したからこそ撮れた写真だと僕も思います。

古いレンズは光にかなり敏感なためコントロールすることが難しく、
それ故、偶然性に委ねる部分がかなりのウェイトを占めます。
まぁ、それこそが写真的であるとも言えますが…^ ^;

よく写るということと、いい写真とは必ずしもイコールではないと
思っています。
だから、携帯電話のカメラでも自分の意図するものと合致していれば
充分使えると思います。

ただ、いい道具は感性を刺激するものだとも思います。

休日、朝起きて…
今日はどの写真機でいこうかなという選択から始まり、
でもじつはそこから出会う光景との回路が通じ始めるのかも知れません。


余談ですが…
僕は絵を観るのも好きでして、近々オルセー美術館展に行くのを
楽しみにしています。
写真の方は古屋誠一展に是非行きたいと思っています。








TOP

a day

2010⁄06⁄16(水) 18:55
day



カラカラに乾いた壁と

焦げ臭いアスファルト


ご機嫌なほど青い空に

流れる雲


そしてうざいほど照りつける太陽と

重みの無い僕の影



どこからかキーンと金属音



ありふれた日常が

またうねり始めた











TOP

in rain

2010⁄06⁄14(月) 19:53
in rain



降り続く雨に

抵抗することをあきらめた時


鎮静の

青い帳に

あたりは包まれ


自他の境界は崩れ去り

不要なものは流れ出で


やがて浮かび上がる

朧げだが

礎なりし原石を…






TOP

未知

2010⁄06⁄10(木) 20:36
over




壁の向こうは不穏な空が

顔をしかめているが


立ち入り禁止と書いてあれば

行きたくなるし

ましてや

乗り越えられそうな壁なら尚のこと…




ビクビクしながら生きるより

ドキドキしながら生きたいな





TOP

hana-bi

2010⁄06⁄09(水) 22:37
hana-bi


雨に打たれ

散りゆく花の

ダイングメッセージか…



梅雨入り前の静かなる夕方に





TOP

写真の日に

2010⁄06⁄01(火) 20:33
photo's day



光と

影と

瞬間と









TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。